リベラルメディアによる、悪意あるフェイクニュースが日米ともに蔓延しています。アメリカにおけるロシアゲート問題は、まさにその象徴であり、実際の疑惑がなかったことが実証された今も、リベラルメディアによるトランプ批判が続いており、ムラー特別検察官の議会再招致を求める動きもあります。 日本でも、モリカケ問題や、歪曲・切り貼りによる閣僚の問題発言等、メディアによる揚げ足取りやフェイクニュースが健全な政治を損なっています。 J-CPACの最初のセッションとして、このような現状と解決策を議論します。

藤井厳喜
サラ・カーター
内山優
pemagyalpo
ペマ・ギャルポ
マット・シュラップ
金美齢
リサ・シン
pemagyalpo
ペマ・ギャルポ

日時

2019年8月31日(土)

12:15 〜 13:15

イベントスペース「EBiS303」

会場アクセス

イベントスペース「EBiS303」

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-20-8 JR恵比寿駅東口から徒歩約3分/地下鉄日比谷線恵比寿駅1番出口から徒歩4分

FOLLOW ON FACEBOOK
FOLLOW ON TWITTER