チャーリー・ジュロウ

ACU副議長。ウィラノヴァ大学法律学校卒業。ITコンサルタント会社Quantum Communications代表。政治専門誌The Hillとペンシルバニアの情報ウェブサイトPennliveの記者であり、ペンシルバニアのニュース番組CBS21の政治評論家でもある。

ロナルド・レーガンの大統領選挙から政界に携わり、それ以降すべてのアメリカ大統領選挙において上級アドバイザー・代理演説者として活躍する。

共和党全国大会2004年、2012年では代表としても選出される。

また自身のウェブサイトCharlieGerow.comにおいて、現在政界で起こっていることを保守主義的意見とともに先導し発信している。

FOLLOW ON FACEBOOK
FOLLOW ON TWITTER