西村幸祐

批評家・作家・ジャーナリスト、一般社団法人アジア自由民主連帯協議会副会長、関東学院大学国際文化学部講師。昭和27年(1952)東京生まれ。慶應義塾大学文学部哲学科中退。在学中より第六次「三田文学」編集担当。「ニューミュージック・マガジン」(現「ミュージック・マガジン」)、音楽ディレクター、コピーライターを経てF1やサッカーをテーマに執筆活動へ。2002年日韓W杯を機に、拉致問題や歴史認識問題、外交・安全保障、メディア批判に関する取材、評論を展開。「撃論ムック」、「ジャパニズム」を創刊、編集長を歴任、「表現者」編集委員も兼任。著書に『ホンダ・イン・ザ・レース』(講談社)、『「反日」の構造』『「反日」の正体』(文芸社文庫)、『マスコミ堕落論』(青林堂)、『幻の黄金時代―オンリーイエスタデイ ’80s』(祥伝社)、『NHK亡国論』(KKベストセラーズ)、『21世紀の「脱亜論」』(祥伝社)、『日本人に「憲法」は要らない』(KKベストセラーズ)、『報道しない自由』(イーストプレス)など多数。共著に『イチローと村上春樹はいつビートルズを聴いたのか』(PHP)、『トランプ革命で甦る日本』(イーストプレス)など。

FOLLOW ON FACEBOOK
FOLLOW ON TWITTER