ヴェセリン・ポポフスキー

インドのジンダル・グローバル大学における国際連合研究学部センターのエグゼクティブ・ディレクターと法学院の副学部長を兼任中。2004年から2014年は、東京の国連大学でシニア・アカデミック・オフィサーに従事。2002‐2004年にはモスクワの国際ヘルシンキ人権連盟にてEUのプロジェクト“ロシアにおける個人の権利の法的保護” ;1991-2002年は英国エクセター大学、1996-1998年はNATOリサーチ・フェロー、1988-1996年はブルガリア外交官として、ソフィア、ニューヨーク、ロンドンに在住した経歴がある。

モスクワ国立国際関係大学およびロンドン・スクール・オブ・エコノミクスより国際関係学修士、キングス・カレッジ・ロンドンより博士号を取得。

『Journal of International Humanitarian Legal Studies (国際人道支援法学ジャーナル)』(ブリル社)、『Asian International Studies Review (アジア国際学評論誌)』(CSIS、IITC)、『Indian Journal of International Law (国際法インド季刊誌)』(シュプリンガー・サイエンス・アンド・ビジネス・メディア)、『Polish Law Review (ポーランド法評論誌)』(グダニスク大学法・政治学部)等の定期刊行物における顧問委員;2015−2016年はthe Commission on Global Security, Justice1 & Governance (国際保安また公正と統治)、2011-2015年はthe UN Working Group on Eliminating the Discrimination of Leprosy-Affected People (ハンセン病関連者差別撲滅・国連ワーキンググループ)の専門委員を務める。

 

the International Commission on Intervention and State Sovereignty (介入と国家主権の国際委員会)また発行物『Responsibility to Protect (保護の責任)』(G.J. Evans、M. Sohnoun共編:2001年、インターナショナル・ディベロップメント・リサーチ社)、に貢献。『The Princeton Principles of Universal Jurisdiction (プリンストン原理の普遍的管轄権)』(2001年)を出版したthe Princeton Project on Universal Jurisdiction (普遍的管轄におけるプリンストン企画)に貢献。

FOLLOW ON FACEBOOK
FOLLOW ON TWITTER